ブログトップ

palms-photo

palms7.exblog.jp

目に付いた物をお気軽に撮っています♪

飛び物講座初級編2

今一つ反応が薄いので試された方の数や結果が分からないのですが
とにかく前回の続きを行ってみましょう(汗)

まず、1回目の結果をケース毎に分けてみます。
ご自分のケースに近い番号のワンポイントへどうぞ~!

1、バッチリ撮れたぜー!
2、とりあえず写ってるけどピン合わないよ~
3、ファインダーで捉えたはずなのに写ってないや・・
4、全く旨くいかないよ・・
5、試してない♪


ワンポイントコーナーd(>_・)

1の方
第一段階クリアおめでとうございます!ブイッ(^。^)v
有る程度感覚も掴まれたと思いますので、次行ってみましょう♪

今回は単純に今撮ってる距離より接近してください(笑)
目標はとりあえず今まで撮ってた距離の半分位まで・・(10m迄行ければOK)
一気に近付くのは難しいと思いますので、1m刻み位で成功したら一歩接近と言うのが良いかも~(≧▽≦)

d0085715_235145100.jpg

eos-20D   Tamron SP AF200-500MM F/5-6.3 Di LD


2の方
ピントが合わないのはレリーズのタイミングが合ってないからですよねー!
今回はこのタイミングを掴む練習を・・
連写の効く機材(3連写出来ればばっちりです)であればピンが合ったかなと思う寸前にレリーズして連写してみましょう!
そのカットの中にピンが合ってる若しくは、ほぼ合ってるカットがありますか?(1枚目なら成功なので2枚目3枚目に)
有るのでしたら、早くレリーズしすぎなので今までよりほんの少し遅めに撮ってみてください。
無い場合はレリーズが遅すぎるか、余りに早すぎのどちらかなので今のタイミングより早くと遅くをどちらも連写で撮って当たりがどこに出るか確認してみてください。
3連写にあたりが入ればバッチリ撮れるのも目前です♪

連写が無理な方は今のタイミングより少し早くと遅くを撮ってどちらがしっかり写ってるか確認しながら調整してみてください。(*^▽^*)

d0085715_23534960.jpg

eos-20D   Tamron SP AF200-500MM F/5-6.3 Di LD


3の方
振り切られてます(笑)
もう少しレンズの焦点距離を短くするか、今より少し離れて撮ってみてください。
写した時にボケても小さくてもかまいませんので、とにかくファインダーに入れ続けるのを目標にしてみましょう。
旨く行ったなら少しずつ接近して↑の2の方編もしくは1の方編へお進みください。(*^^)v

d0085715_23543930.jpg

eos-20D   Tamron SP AF200-500MM F/5-6.3 Di LD


4の方
ここは思い切って離れてみましょう。
ファインダーで被写体が確認できるならどこまでも・・
または焦点距離の短いレンズで・・
双方組み合わせていただいても結構です。
小さくても影でもいいので写せる事を目標にしましょう♪
写せたら少しずつ距離を詰めてみてください。♪(* ̄ー ̄)v

d0085715_23553453.jpg

eos-20D   Tamron SP AF200-500MM F/5-6.3 Di LD +ケンコー1.5倍テレプラス


5の方
試される事が有ったら1回目から読んでみてくださいねー♪


※すべての方に当てはまるかは?ですがファインダーを覗く時、両眼を開いてる方が追いやすいですしピンも合わせ易いと思います。
両眼開けて撮られていない方は一度お試しあれ・・(^ー^)v

ツバメの溜まり場?の多い場所は田んぼですが、田んぼを見て飛んでいなくても周りを見回してください。
近くの電線などにツバメが集団で止まっていれば食事タイムには一斉に田んぼ上空を飛び始めますよ♪


トンボの飛び物も・・とのお話を頂いていますので書く予定だったのですが、かなり長くなっちゃいましたので明日、もしくは明後日書かせていただきますねー♪(∩_∩)ゞ
[PR]
by palms-7 | 2006-08-21 00:09 | 飛び物講座?